Works

小学館コーパスネットワーク

2016.8.28

コーパスとは、新聞、雑誌、本などに書かれている中身や、文字化した話し言葉を大量に集め、コンピュータでいろいろ検索・分析して調べられるようにしたデータベースのことです。言語研究のためにバランスよく収集された多種多様な英語が取り入れられています。

辞書などには、わかりにくい表現や特殊な言い方の意味はよく載っていますが、よく使われる表現は載っていないことがあります。コーパスを使うと、頻度がすぐにわかりますから、使ってよい表現なのかそうでないのかがすぐにわかります。また、よく使われる表現は、自分で検索して簡単に調べてみつけることができます。

弊社がデザインリニューアルを担当した「小学館コーパスネットワーク」では、より使いやすく、よりわかりやすくなることを目指し画面設計から取り組みました。

また、スマートフォンでも使えるようレスポンシブWebデザインを採用し、複雑な表を少しでも見やすくなるようHTMLコーディング時に配慮しています。


トップページ

語(句)検索結果